FiNC(フィンク)ダイエット家庭教師

2016年03月21日

菌を賢く取り入れる菌活?免疫アップや代謝向上など“よい働き”空前の「菌活」ブーム!

近年、さまざまな研究によって腸内の環境が、美容や健康に大きな影響を与えることが明らかになってきていることもあり、空前の「菌活」ブーム!

病気との関係が考えられる“悪い菌”が発見される一方で、免疫アップや代謝向上など“よい働き”に関する知見も進み、機能性食品などにも応用され、抗肥満や肌荒れ改善、女性ホルモン分泌など、美容に関連する働きにも着目が集まっています。


より効果的に摂取し、理想的な腸内環境へと近づけるために、菌をどのように取り入れたらいいのか……そのコツが、『Domani』4月号にありました。

菌を賢く取り入れる「菌活」は、この2ステップが鍵!

おブスな腸から卒業しましょ!すっきりヤセも美肌も叶う菌活のコツ2つ

腸内の環境が、美容や健康に大きな影響を与える菌活,ヨーグルト.jpg
菌活,ヨーグルト

【ステップ1】菌を補う

善玉菌の代表格である「乳酸菌」や「ビフィズス菌」には多くの種類があり、その中のいくつかには、特定の症状に対する改善報告も。菌は数日で排出されるので、毎日撮り続けることが大切です。

■アレルギー抑制も!注目のヨーグルトをチェック

脂肪燃焼、肌荒れ改善、アレルギー抑制など、美容や健康をサポートしてくれるヨーグルトも数々登場しています。ヨーグルトは、1日300〜500gを目安に摂取を。あわせて食物繊維も十分に摂るようにしましょう。

■腸まで生き抜く“菌サプリ”を上手に摂取

口から摂った菌は、その多くが胃の中で死滅し、残ったものだけが腸へと届きます。効率よく善玉菌を補いたいなら、カプセル化など胃酸に強い処方がされたサプリメントを利用するのもひとつです。

【ステップ2】菌を育てる

腸内には1,000種以上の菌が存在するため、それらすべて外から補うのは不可能。まずは自分の腸内環境を整えることが近道です。よい菌が自ずと育ち、増えていきます。

■「ヤセ菌」のエサ“短鎖脂肪酸”を増やそう!

腸内に短鎖脂肪酸が多くあると、特定の腸内細胞が活性化して“太りにくくなる”という研究報告が。水溶性植物繊維を原料に腸内で増えるため、納豆や海藻、オクラなどのネバネバ食品、アボカドやりんごなどが◎。

■みそ汁一杯で腸内を整える素材がそろう!

発酵食品のみそ、菌のエサとなる食物繊維、水分が一度に摂れるみそ汁は、毎日の習慣にしたいほど。

腸内細菌はとても種類が多いので、個別の菌を補うだけでなく、全体として“善玉菌”の比率を高めること。そのため、ステップとしては「菌を補う」と「菌を育てる」ことが、重要となってきます。

補足として、肉や揚げ物など高脂肪は“悪玉菌”を増やし、食物繊維や発酵食品などは“善玉菌”を増やすと言われています。

昔から言われていることですが、低脂肪で野菜海藻を多く使った和食献立が、腸のためには理想的。

悪玉優位な「腐敗」が腸内で進まないよう、いまから菌活を始めましょう!(さとうのりこ)

Domani201604_0321cover

『Domani』2016年4月号(小学館)

Woman Insight引用


posted by megbaby at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

食事に気をつけ、運動もしているのにリバウンドを繰り返して、なぜ痩せないの?

ダイエットの知識を身につけ、そして食事に気をつけ、運動もしているのになぜか痩せない……。ダイエット経験者なら、こんなやるせない思いを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

今回は、なぜか痩せないパターンと、それぞれの対策をダイエットインストラクターの筆者がご紹介します。

私が確信した「ダイエットが失敗する」2大要因とは

私が確信した「ダイエットが失敗する」2大要因とは.jpg

■1:人と比べている

友達よりもヘルシーな食事を心がけて、炭水化物もデザートも控え目にしているのに、なぜか自分だけ痩せないなどと思ったことはありませんか? このような状態だとストレスが溜まり、ダイエットがうまくいかないことがあります。

というのも、仮に全く同じ食事をしたとしても、身長、基礎代謝、太りやすさを左右する肥満遺伝子の種類などによって、太りやすさは人によって異なるもの。単純に食べた量を友人と比較しても、自分が痩せない理不尽さを感じてしまい、ダイエットのモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

そこでオススメしたいのは他人ではなく、自分がどうしたら痩せるかと自分なりのルールを見つけること。基礎代謝や、自分が食べると太りやすい食べ物を調べるのが効果的です。自分なりのルールを見つければ、体重はストンと落ちていくはずです。

■2:一生続けられないことをする

ストイックなジム通い計画や、単品しか食べないなど無理なダイエット計画を立てたことはありませんか? かくいう筆者も経験者ですが、筆者が経験から学んだことは、ダイエットを山登りのような一時的なイベントと考えると、いつまでもリバウンドを繰り返してしまうということ。

ダイエットは、健康的な食習慣を継続するマラソンのようなものだと考えるのがオススメです。なので頑張らないとできないことではなく、一生無理なく続けられそうなことを取り入れて徐々に習慣化し、スリムをキープしていくとよいでしょう。

やる気を無駄にしないためにも、是非このふたつを意識してみてくださいね。


美レンジャー引用



posted by megbaby at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

水道水を1日に水をコップ1〜3杯多く飲むだけで、ダイエット効果に便通まで!

やれ「野菜を多く食べろ」「甘い物はダメ」「運動をしろ」と、キビシー注文が多い中、毎日水をちょっと多く飲むだけで、ダイエット効果があがるといううれしい研究がまとまった。

米イリノイ大学のルオペン・アン教授が、米食品栄養学誌「JHND」(電子版)2016年2月16日号に発表した。これまでも「水を飲むのがいい」といわれていたが、大規模な医学的な調査から立証したのは初めてだという。

水飲みダイエット 医師が推奨「やせたければ水道水を飲め」 コップ3杯でおにぎり1個分以上減らせる


水飲みダイエット 医師が推奨「やせたければ水道水を飲め」 .jpg

体の代謝が活発化してデトックス効果も
多くのダイエット関連サイトを見ると、水をたくさん飲むとダイエット効果があがるといわれるのは、こういう理由からだ。

(1)代謝が上がる:血液の水分が増えてサラサラになり、血流がよくなる。細胞組織のすみずみにまで血液がいきわたり、エネルギー消費量が増える。
(2)体温が上がる:代謝が上がると体温があがり、脂肪をどんどん燃焼する。体温が1度上がると、燃焼効率が12%上がるといわれる。
(3)便通がよくなる:腸内に水分が増えると硬い便がやわらかくなり、便通がよくなる。
(4)体内のデトックスができる:便通がよくなり、また尿の量も増えるので、老廃物が体外に排出される。また、体温の上昇で汗をかきやすくなり、汗からも老廃物が出される。
(5)リンパ液の流れがよくなる:リンパ液は筋肉と血液の動きが活発になると流れがよくなる。血液がサラサラになるので、リンパ液の流れもよくなり、老廃物を運ぶ量が増える、などだ。

さて、アン教授らの論文によると、研究チームは米国民健康栄養調査にデータが残っている約1万8300人の協力を得た。協力者に3〜10日の間隔を置いて2回、1日の飲食物すべてを記録してもらった。そして1日の食事の総エネルギー量、塩分・糖分・脂肪の摂取量、コレステロール値、そして水分の摂取量を計算した。紅茶やコーヒー、加糖飲料類は、水道水やミネラル水のような「純粋な水」に含まず、「総水分量」の中に入れた。また、食べ物に含まれる水分もすべて「総水分量」として計算した。

食べる量が減って加糖飲料も飲みたくなくなる
分析の結果、参加者は平均して1日にコップ4.2杯の「純粋な水」を飲んでいた。これは1日の総水分量のわずか約30%だった。総エネルギー摂取量は平均で2157キロカロリー。うち糖分の多い飲料から125キロカロリー、デザートやスナックなど健康によくない食品から432キロカロリー摂(と)っていた。

こうしたデータから、1日に摂る「純粋な水」(水道水とミネラル水)の量を増やし、その分ほかの水分を減らして計算し直すと、「純粋な水」の量を総水分量のわずか1%増やしただけで、総エネルギー摂取量、脂肪・糖分・塩分摂取量、コレステロール値が全部低下することがわかった。水を1%分多く飲むだけで、まず食事の量が少なくなり、総カロリー値が8.6キロカロリー減る。この影響で、わずかな量だが、イモづる式に塩分や糖分などの量も減っていくのだ。

この波及効果が、1日に水をコップ1〜3杯多く飲むだけで、次のような驚くべき結果を招くことがわかった。

(1)食事量が減り、総エネルギー摂取量が68〜205キロカロリー低下(注:おにぎり1個が168キロカロリー)。
(2)塩分摂取量が78〜235ミリグラム低下。
(3)糖分摂取量が5〜18グラム低下。
(4)総コレステロール値が7〜21ミリグラム低下。

これは、水を多く飲むと、食事量と糖分の多い飲料を飲む量が減ることが大きい。今回の結果について、アン教授は「これからは、ダイエットでコレステロール値を減らしたい人に医師が処方するのは『水道水』になるかもしれません。カロリーのある飲料の代わりに水道水を飲むだけで健康になれるのです。『水を飲もう!』という、単純ですが効果の大きいキャンペーンをすぐに始めるべきです」と意気軒高だ。

J-CASTニュース引用

posted by megbaby at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする