FiNC(フィンク)ダイエット家庭教師

2016年05月29日

錯覚で痩せて見せる魔法テク?とりあえず、錯覚でダイエット

着ぶくれするとどんなにスタイルのよい人でも、どんくさい印象になってしまいますよね。

すっきり着こなすのはトレンドと同じくらい優先順位が高いこと。着痩せする服は、似合う服だともいえます。黒などダークカラーは着痩せ効果が高いと思われがちですが、形や素材によっても大きく違ってきます。

コートを脱ぎ、薄着に近づく季節。今回は、洋服を買う時に気をつけたい“着痩せ服のルール”をお伝えします。

とりあえず「錯覚で痩せて見せる」!薄着シーズン直前の魔法テク.jpg

1:服のサイズに余裕をもたせる
服のサイズ感はほんの少し余裕のあるものを選びましょう。Tシャツでもジーンズでも、少しゆとりがあると着痩せして見えます。

小さいサイズだと、肩やお尻、ウエストまわりなど目立ってしまう部分が出てきます。逆に大きいサイズだと洋服の面積分、身体が大きく見えてしまいます。サイズ感は、ブランドやデザインによっても違うので、試着の時に細かくチェックしましょう。

またデザインによってはウエストだけ、バストだけ、腕だけなど、一部だけタイトに作ってある洋服もありますが、一部分でもきついものは避けた方がよいでしょう。

2:細い部分を生かす
体型カバーは「隠そう」とすると反対に太って見えるものです。身体のキレイなラインは生かし、太い部分はすっきり、ボリュームがほしい部分はフレアやフリルで豊かに見せる工夫を。

一般的にはデコルテ(首まわり)、手首、足首を出すと細く見えます。それに加えて、自分の体型に合わせ、ヒップに比べてウエストが細い人は、ハイウエストデニムでウエストマークをしたり、膝下が細い人は膝丈のスカートを選んだりすると、全体のボディラインもきれいに見えます。

3:下着から着痩せ感UP
着痩せに欠かせないのが、下着からボディのバランスを整えること。何もきつい補正下着をつけなくても、身体に合った下着をつけるだけでも改善します。肩や背中など、下着の線がくいこんでプヨ肉が現れたり、合わない下着で胸やお尻が広がったり、下垂して見えたりすることも……。それらを防ぐだけでも、すらりとスタイルアップして見えます。

全体のバランスがよいとスタイルのよい人に見えるので、着痩せもトータルのバランスを考えるとさらに効果が高まります。誰でもがモデルのように何でも着こなせるわけではないので、さまざまな洋服にトライしながら、自分に似合うものを知っていけるといいですね。



美レンジャー引用


posted by megbaby at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。